1. ホーム
  2. マラソン大会
  3. ≫おかやまトマト銀行リレーマラソン!6時間耐久リレマラでチームランを楽しみました!

おかやまトマト銀行リレーマラソン!6時間耐久リレマラでチームランを楽しみました!

2019年10月6日に開催された「第9回トマト銀行6時間リレーマラソン」に参加してきました。

6時間のうちで周回数を競う耐久性のリレマラで、いつも仲良くさせてもらってる広島のランナーさんチームに合流させてもらっての参加です。

チームで参加する駅伝自体は、静岡県浜松市で開催される「佐鳴湖駅伝」に参加したことがありますが、800チーム以上参加する大規模駅伝は初!

オホーツク網走マラソンから1週間後の週末で「足がどうかな?」と思ったましたが、なかなか楽しく貴重な経験ができましたよ。

トマト銀行リレマラの概要

トマト銀行リレマラは、岡山駅からすぐ近くにある「岡山県総合グラウンド陸上競技場」で開催されるリレーマラソンです。ここは「おかやまマラソン」の会場にもなったところなので馴染みがありました。

駅から歩いて20分くらいで着く場所ですが、大会が始まるとコンビニにちょっと行くという暇もないので、飲みもの・食べ物などは事前に用意しておくのが必須です!

  • 受付開始:7:30(8:30まで)
  • 試走開始:8:00(8:30まで)
  • 開始:10:00
  • 終了:16:00

トマト銀行リレマラのコース

1週1.3kmのコースを4人~12人のチームでタスキを繋ぎながらひたすら周回します。6時間のうちに何周できたか?で競う耐久リレマラです。

基本は1周ずつ交代ですが、1人で2周3周と連続で周回してもいいし自由です。記録を狙うチームはある程度の人数を揃えて1周ごとの交代になりますね。

場所取りは重要!かなり早めに

当日の受付開始は7:30からなのですが、場所取りはもっと早く列ができています。僕も7:30に間に合うように行ったのですが、早めに着いたメンバーから「すごい列ですよ!」との連絡が💦

6時間という長丁場なのでチームの待機場所(ベース)は重要です。必然的に以下の順で埋まっていきます。

  • 屋根付きのスタンド観覧席
  • スタート地点に近い日陰通路
  • スタート地点から遠い日陰通路
  • スタート地点に近い屋根のないスタンド観覧席
  • スタート地点から屋根のないスタンド観覧席

屋根付きスタンド観覧席やスタート地点に近い日陰通路を確保するなら受付の1時間前には整列した方がいいかもですね。


最初はこのような日陰の通路に陣取り


その後、他チームに誘われてスタンド応援席へ

途中、あまりにも暑くてまた日陰通路に逆戻り・・・といった感じでした(^_^;)

意外と休憩時間がない

1周1.3kmだと、それなりの走力のあるチームだと大体3分半~6分で次の人にバトンタッチになります。10人のチームでも4,50分に1回自分の番が回ってきます。

4,50分というと結構待ち時間あるじゃん!と思うかもしれませんが、これが意外と休憩時間がないんです。

走り終わってチームの待機場所に行く時間、待機場所からリレー地点に行く時間、アクシデント等を考慮して早めにリレー地点に行く考慮。

これらを考えるとあまりのんびり待機してる時間がない。特にリレー地点から遠いチームは「もう自分の番!?」という感覚です。

リレーゾーン(タスキ交代)はかなり混雑する

800チーム以上ということは、800人が同じ区間でタスキをつなぐわけです。一応A,B,C・・・とブロックで分けられていますがリレーゾーンはかなり混雑します!

そのため次の走者が見つからなくて止まってるという人も何チームもいました。

  • 走者は事前にオーバーアクションで合図する
  • チームTは派手めなもので揃える

といった工夫が大事です。


こんな格好で揃えてるチーム、仮装してるチームいろいろありました。
走りにくそうではありますがw でも目立っていいですよね。

おかやまトマト銀行リレマラ本番

さて、いよいよトマト銀行6時間耐久リレマラ本番です!


スタート前にシューズ円陣で気合い入れ!

僕のチームではないのになぜか真正面からパチリ📸

800チームのスタートは圧巻!

スタートはスタンドから応援してましたが、

800チームの同時スタートは圧巻!

どわ~~~って感じでスタートしていきました(笑)
先頭チームはお決まりの全力ダッシュでしたね。

1時間に1本、淡々とレースは進む

僕がお世話になったチームは11人で参加でしたが、全員走力は高め!大体1時間に1本、合計6本走りました。

スタンドから応援していても、仲間がトラックからいない間がほとんどなので、その間は暇。チームメンバーと会話など、、、と思って油断していると、トラックに帰ってきた仲間を見逃す、という感じで気持ちが結構忙しい💦

さらに概要でも触れたとおり、自分が走り終わって次にスタンバイするまで意外と時間がなくて、あまりのんびりすることはできず。

僕が以前出た「佐鳴湖駅伝」とは全然違うな~って印象でした。


せっかくなので屋台の焼きうどんを堪能。
でも買い食いできたのはこれだけでした。

スタートから2時間くらい過ぎたあたりで、日差しのあまりの暑さにスタンドから日陰の通路への移動を提案。チームリーダーにすんなり受け入れられて日陰の通路へ移動です。

一緒に参加した他チームは最後まで日差しのスタンドで応援。
僕が参加したチームは日陰を基本としてたまにスタンドに行ったり休んだり。

チームの差が歴然・・・(;・∀・)

でも、あの暑さの中、全力で走るメンバーのことを考えると、走ってない間は日陰で休まないと熱中症になりかねません!日陰の移動は正しかった!・・はずw

走りは全力で!でも緩いところは緩く。
こういう感じのノリの方が誰でも参加しやすいんじゃないかな?と思います。

フィナーレは大盛りあがり!

800チーム参加する大会だけあって、フィナーレも大盛りあがり!

カウントダウンが始まって、

16:00、6時間耐久リレマラ終了~~!

終了前までの周回数とタイムで順位が決まります。

なんと、一般の部で僕のチームが10位!一緒に参加した他チームが11位!

1時間ごとの速報が大会のサイトで見れたので接戦なのはわかっていたのですが、ここまで緊迫した戦いになるとは思いませんでしたね。

自分のタイムと結果

6時間の間で合計6本走りました。


下から1本目です。

なんとかすべて3分/km台で走ることができました。いいスピード練習になりましたが、もっと速く走りたいなー。

大会後はリカバリー(打ち上げ)

大会後はリカバリーという名の打ち上げ!!


僕の接写技術をフルに使ってパチリ📸

最後は2チーム全員でのシューズ円陣!

しっかり食べて、無事帰宅となりました。

おかやまトマト銀行リレマラのまとめ

チームでたすきをつなく大会は出たことがありましたが、もう何年も前のことだし、ここまで大規模な大会は初めて。

チーム戦ということで、僕のような鈍足だとちょっと申し訳ない気持ちにもなりますが、今回参加したチームメンバーはみないい人ばかり!それぞれ全力で走って楽しんだみたいです。

たまにはチームでの駅伝・リレマラもいいですね。速いランナーの速い走りを間近で見ると刺激にもなるし。

また参加したい!そう思える大会でした。

よろしければシェアをお願いします。

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントお気軽にどうぞ!(※承認後に公開となるので投稿後しばらくお待ちください)

コメント

※メールアドレスは公開されません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)